大正時代などの古切手を売る方法

大正時代などの古い切手がたくさん出てきた時には、物の古さを実感して、驚きや新鮮さといったものがあるかもしれませんが、そのまま取っておく気にはなれないと思う人もいるでしょう。
そういった時には、ただ捨ててしまうのではなく、古切手の買取を行っている業者に売ると良いものです。切手というのは、年代を問わず幅広く買い取ってもらえるものですので、大正など古い時代の物であっても問題ありません。
なお、どうせ捨てて処分しようと思っていたから買取価格はあまり気にしないという人もいるかもしれませんが、お金になるのであれば、なるべく高く買い取ってもらいたいと思う人もいるでしょう。
古切手の買取を行っている業者というのはいくつもありますので、なるべく複数の業者に査定の依頼をして、その結果を受けて、どの業者に売るかを決めたいところです。
業者によっては、オンラインの専用フォームから査定の申し込みができるようになっているところがあります。
年代と切手の種類、額面が記載されていて、売ろうと思っている切手がみつかった場合には、クリックすれば個人情報などを入力する専用フォームにとぶようになっている業者もありますから、効率良く査定の依頼ができるものです。切手というのは、コレクションを目的として、きれいな状態の物を入手することもあれば、すでに使われた形跡がある(消印がある)物を取ってあった場合もあるでしょう。
こういった、消印がある大正時代などの古切手というのは、価値があるのだろうかと思う人もいるでしょうが、こういった状態であっても、というより、こういった状態の方が値が付くという場合もあるものです。
ですから、勝手な自己判断で処分してしまわないようにしたいところです。
ちなみに、大正などの古い時代の切手について色々と調べたいと思った時には、こちらの、大正時代などの古い切手のページが役に立ちます。
このページをチェックしてみると、古切手は買取業者だけでなく、ネットオークションでも取引されているということがわかります。
ネットオークションは、自分が価格を決めて出品することができますから、どのぐらいの金額で取引がされているのかチェックしつつ、それに合わせて自分で価格を考えて出品してみるのも良いでしょう。
たまたま物凄く欲しがってくれる人が現れたら、思わぬ高値で売れることもあるかもしれません。
なお、出品する注意点なども紹介されていますから、目を通しておくと役に立つことでしょう。

切手の種類の一つでもあるふるさとについて

切手には普通、特殊、記念と言った種類に分類され、特殊にはシール式やふるさとシリーズなどの種類が在ります。
それぞれ額面が記されており、郵便物に貼り付ける場合には、郵便料金に応じた額面のものを貼りつける事で郵送をして貰える、そして貼り付けて在る事で郵便料金を先に支払っている事を証明している事になります。
ふるさとシリーズと言うのは、地方の活性化を目的として発行されているもので、対象地域の郵便局のみで購入が出来ると言った特殊なものです。
最近はネットの中で購入が出来るようになっているため、対象地域以外の人でも購入が可能ですが、発行枚数が比較的少ないものが多いため、売り切れてしまうと郵便局での購入が出来ない、切手商のお店であれば購入が出来ても、額面を超える金額での購入になると言った特徴を持ちます。
郵便物に貼り付けるものは、通常であれば普通と言う郵便局でいつでも購入が出来るものを利用される人は多いのですが、特殊や記念、ふるさとシリーズと言うのは収集を目的とする人が購入するだけではなく、可愛らしいデザイン、綺麗な図案のものを大切な人に手紙を送りたいという時にも利用することが出来るのが特徴であり、普通のものでなければならないと言う事ではありません。ふるさとシリーズは特殊切手に含まれるもので、一番最初に発行が行われたのは1989年4月1日で、長野県の「お猿の温泉」です。
長野県は温泉が多いエリアでもあり、地域の活性化を目的として発行が行われているふるさとシリーズの最初に図案は、温泉をアピールする目的でこうした図案のものが発行されており、以降は各地で様々なものが発行され続けています。
因みに、長野県の「お猿の温泉」の額面は62円となるため、現在の封書必要となる金額に対しては20円不足となります。
そのため、これを利用する場合には普通の20円を追加する形で貼り付けてあげれば郵送をして貰うことが出来るようになります。
郵送は定型サイズ以外にも変形サイズも可能になりますが、重量やサイズなどに応じて郵便料金が変わるため、郵便局のホームページを利用して調べておくと安心です。
尚、切手の中には慶弔用と言った特別な時にしか利用できないものがありますが、手紙や封書に貼るものは慶弔用を除けばどのようなものでも貼ることが出来ますし、珍しいものやふるさとシリーズなどのように地域でしか購入が出来ないものを貼りつける事で葉書や封書を受け取った人も喜んでくれるなど、詳しくは、「封書に記念切手を使用すること」を参考にして下さい。

切手買取でさまざまな絵柄の切手を処分

切手というのは、サイズの種類はあまりありませんが、バラとシートによって見栄えは変わってくるものです。
また、絵柄に関してはサイズと違ってかなり種類があり、シンプルな物から色鮮やかな物まであります。
子ども向けのかわいらしい絵柄の切手があるかと思えば、絵画のように美しい絵柄の切手もあるなど、かなり幅が広くて奥が深い世界です。ですから、こういった奥深さに魅了されて、たくさんの切手を収集される方というのは多くいるものです。
しかし、そうして集めた切手も、時には手放すことを考えることもあるでしょう。切手というのは意外と需要のあるアイテムで、買取業者では結構積極的に切手買取を行っているものです。
なお、切手買取を行っている業者では、さまざまな種類の切手を買い取ってくれるものです。国内の切手はもちろんのこと、外国の切手も買取対象となっています。
例えば、オーストラリアの切手というのは、オシャレで芸術的なデザインの物があって魅力的なものです。
しかし、こういった魅力的な切手も、コレクターが減少することによって価値が下がってしまうものです。ですから、早い段階で買取業者に申し込みをして、手放すことを考えることも大切です。かわいらしい絵柄や大人の雰囲気が漂う芸術的な絵柄の物など、切手は色々な物があり、価値もさまざまですが、手放すことを考えた場合、まずは切手買取を行っている買取業者に査定をしてもらうと良いでしょう。
買取業者というのは、無料で査定をしてくれるところが多いですから、気軽に依頼しやすいものです。
とは言え、買取業者は1つではありませんから、どこに連絡すれば良いのか、よくわからないという人もいるでしょう。
そんな時には、こちらのページで優良業者をチェックしてみると、すぐに行動に移すことができて便利です。
こちらのページからは、365日24時間、無料で相談することができる買取業者が紹介されています。
また、出張買取の他に郵送買取という方法もあったり、対応スピードや買取価格の支払い方など、切手買取に関する色々なことがわかりますので、チェックしておくと役に立つことでしょう。
紹介されている買取業者は、そう多くありませんから、1つ1つチェックしていっても、大して時間はかからないものです。
気になった買取業者があれば、連絡をして、相談したり査定の依頼をして、自分が持っていて処分を考えている切手の価値を教えてもらうと良いでしょう。

切手買取の豆知識、竜文切手について

郵便局に行くといつでも購入が出来る切手の事を普通切手と言います。
普通切手は図案が変更されるまでの間は、発行し続けると言った特徴が在るもので、切手収集を行う人が良く集めている記念切手や特殊切手は予め発行枚数が決まっているため、郵便局で完売になった場合には切手商での購入になりますが、普通切手の場合は新しい切手が発行されるまでの間は常に購入が出来るなどの違いが在ります。
日本の中で最も古い普通切手が竜文切手になります。
竜文切手は1871年4月20日から発行が行われた普通切手であり、手彫り切手と言った特徴が在ります。
手彫り切手と言うのは、銅板を手彫りで削って版を作り出す方法であり、匠の技により切手の版と言うものを作り出し、印刷が行われていたもので、竜文切手は希少性が高い事からも切手買取りの査定評価が高くなると言った特徴が在ります。
尚、竜文切手には48文、100文、200文、500文の4種類の額面が在りますが、それぞれ第一版と第二版の2種類が存在していること、使われている紙についても、縞紙と無地紙の2種類が存在していることなど、これらの区別をつけることが出来る能力を持つ鑑定士がいる切手買取のお店での査定を受ける事で、適正価格で買取りが可能になります。
竜文は最古の普通切手に含まれている事からも、切手買取りのお店では高い評価を得ることが出来るわけですが、竜文切手の第一版と第二版と言うのは、手彫り切手特有の版の違いと言うものが在り、これを区別することが出来る鑑定士に査定を受ける事で、適正価格で売ることが出来ると言う事です。
例えば、竜文切手の中でも額面が最も低い48文の場合は、図柄の角にある七宝の模様に違いが在り、この模様は丸い円になっていますが、第一版では黒い点になっているのに対し、第二版の場合は白い丸になっているのが特徴です。
また、200文の場合は左上隅の左肩部分に違いが在り、この部分に黒い点が在るのが第一版、黒い点が無いのが第二版と言う事になります。
第一版と第二版と言うのは価値が異なるため、これらの区別をつける事が査定には重要であること、竜文切手には無地紙と縞紙の2種類が在り、紙の種類によっても価値が変わるため、これらの知識や判別が出来る能力が求められると言う事です。
また、500文の竜文切手には幾つかの色が在るのが特徴で、色による価値の差と言うものが在るなど、切手を適正に査定できる能力が必要になるなど、切手買取についてはここからチェックがお勧めです。

切手買取りの豆知識、竜銭切手について

国内で最初に発行された切手の事を竜切手と言います。
竜切手の特徴は現代のような印刷技術が無かった時代で在り、手彫りで版を作り出して版にインキをつけて紙に刷り上げると言う方法で行われていたもので、印刷に利用していた版が手彫りと言った具合に手作り感が在る切手と言われています。
竜切手が発行されたのは1871年4月20日で、明治4年になります。
当時の通貨単位は現代のように円ではなく、文と言う通貨単位になっており、48文、100文、200文、500文と言う4種類の切手が発行され、郵便料金として利用されていた事になります。
尚、通貨単位が文と言う事からも、竜文切手とも言われているのですが、明治4年と言うのは新貨条例制定により、新しい通貨単位が導入された時代でもあり、翌年の1872には文から銭の単位に変わる竜銭切手の発行が行われるようになりました。
因みに、竜切手と言うのは、雷紋および七宝の輪郭文様の中に、向かい合った2つの竜が描かれている図案であることからも、竜切手と呼ばれており、竜切手の価値は希少価値が高い事からも切手買取りの中でも高い評価を得ている事、そして竜文切手、竜銭切手は現存している数が少ないため、プレミアが付いている切手の1つになっています。
竜銭切手は、竜文切手の後に発行された切手、通貨単位が文から円に変わった際に、発行された切手と言った特徴が在ります。
竜文切手は目打ちと呼ばれている四隅のギザギザが在りませんが、竜銭切手には目打ちが入っているのが特徴で、日本の切手の中でも目打ちが入った切手の始まりになります。
また、最初は裏面の糊が在りませんでしたが、後期になると糊が付けられるなど、現代の切手の原型とも言える切手でもあり、竜銭切手の原版は先に発行されていた竜文切手の第二版の原版を流用して印刷が行われる等の特徴も在ります。
切手買取りの中では竜銭切手は希少価値が高いため、高額での取引が行われる切手の一つです。
希少価値が高い理由と言うのは、紙幣寮が切手製造を行う事になり、短期間のみでしか製造が行われなかっただめ、発行枚数自体も極端に少なく、しかも時代の中での事変などにより現存数が激減したなどの理由からもプレミアが付いているためです。
因みに、切手の価値を知りたい時に便利なのが切手のカタログですが、切手のカタログの中でも竜切手と言うのは評価が高くなっており、買取りに出す場合には専門的な知識を持つ鑑定士により適正な価値を見出してくれる事になります。
尚、切手の買取りにおいての査定方法はこちらを参考にされるのがお勧めです。

グリーティング切手を売る方法と注意点

切手と一口に言っても色々な種類がありますから、人によって売りたいと思う物は結構内容が異なることでしょう。
例えば、グリーティング郵便切手を売りたいと思っている人もいるでしょうが、売る方法の1つにネットオークションというものがあります。ネットオークションというのは、全国の色々な人が利用していますから、買取業者で買い取ってくれないような物まで買い手がつくことがあるのが嬉しいところです。
グリーティングタイプの物もたくさん出品されていますから、出品してみるのも良いでしょう。
ただし、出品したからといってすぐに入札されるとは限りません。買い手がつきやすい物というのは、希少性があるものですので、発行枚数が多くて、たくさんの人が持っているような物の場合には、良い反応が期待できないものです。
また、状態の良さというのも重要なポイントの1つです。例えば、同じ商品が出品されている場合、状態が良い方を選びたくなるのは、自然と言えます。
この手のアイテムというのは、折れてしまったり、破れてしまうなど、結構ダメージが加わりやすいのが特徴です。ですから、売ることを考えている場合には、保管の仕方に気を付けておくことが大切です。

グリーティング郵便切手というのは種類が色々とあるもので、人気キャラクターを採用したグリーティング郵便切手というのもあります。
こういった物をネットオークションで売ることを考えている人もいるでしょうが、その時に役に立つのが、ドラえもんの切手をオークションで売りたいというページです。
こちらのページをチェックすると、このタイプの商品がどのぐらいの金額になりそうか知ることができます。
色々な意見が寄せられていますから、すべてに目を通すことで、ネットオークションではない方法を選択することを考える場合もあるでしょう。
必ず覚えておきたいのが、ネットオークションというのは落札されたら手数料が発生するということです。また、出品するためには、商品の撮影をして写真を用意したり、文章を作成するなど、それなりに労力が必要になるものです。
ですから、大したお金にならないのに、労力を注いで出品するのは効率が悪いとも言えます。
ただし、シートを何枚か持っている場合、それをまとめて出品すると入札されやすくなることもありますから、手間をかけて出品してみるのも良いでしょう。
大体どのぐらいの金額で取引されているのか、相場をきちんとチェックして出せば、入札される確率は高まるものです。